PACellホームへもどる ↑

写真情報あれこれブログ

最新のブログ↓

2014年

9月

03日

19世紀パリの写真家 ウジェーヌ・アジェ Eugene Atget [1857-1927]

続きを読む 0 コメント

2013年

11月

04日

Kyle Thompson selfportrait by self taught photographer, ネットの申し子、独学写真家のセルフポートレイト

Kyle Thompson (カイル・トンプソン)という若干21歳の写真家の話。 彼は19歳から写真を始め、僅か2年の間に様々な雑誌に取り上げられるような活躍を見せている。HPの経歴にもあるように、学校で写真をトレーニングした事はなく独学の写真家である。 こういう早熟な写真家は大概極端に特殊なスタイルのシリーズを持ち、それが成功して有名になり、しばらくはそのスタイルを継続するのが常だ。 しかし彼はこの2年間フリースタイルでアイデア溢れる写真を作り続けているし、気軽に新作をFacebookなどでリアルタイムに公開し続けている。

一つには確かな撮影技術。 独学でありながらリッチで奥行きのある画像を作る事ができることが強みになっている。 もう一つはPhotoshopなどの画像リタッチの腕がプロ級なこと。 この上のポートレイトも道ばたの浅い水たまりであろうところに全身を沈めているかのようだが、おそらく合成であろう。  そしてもう一つは発想の豊かさ。尽きないアイデアである。ただし、これは想像となるが、インターネットを活用したありとあらゆる世界中の写真家からのアイデア拝借が彼の豊かな思いつきのもととなっていると推察する。 だからこそ彼はその成果も気軽にネットに公開する。 そのソースが一つではないことと、セルフポートレイトという「本人」しか出来ないことを混ぜることで独特のオリジナリティーを維持しているのではないだろうか?

0 コメント

2014年

9月

03日

19世紀パリの写真家 ウジェーヌ・アジェ Eugene Atget [1857-1927]

続きを読む 0 コメント

2013年

11月

04日

Kyle Thompson selfportrait by self taught photographer, ネットの申し子、独学写真家のセルフポートレイト

Kyle Thompson (カイル・トンプソン)という若干21歳の写真家の話。 彼は19歳から写真を始め、僅か2年の間に様々な雑誌に取り上げられるような活躍を見せている。HPの経歴にもあるように、学校で写真をトレーニングした事はなく独学の写真家である。 こういう早熟な写真家は大概極端に特殊なスタイルのシリーズを持ち、それが成功して有名になり、しばらくはそのスタイルを継続するのが常だ。 しかし彼はこの2年間フリースタイルでアイデア溢れる写真を作り続けているし、気軽に新作をFacebookなどでリアルタイムに公開し続けている。

一つには確かな撮影技術。 独学でありながらリッチで奥行きのある画像を作る事ができることが強みになっている。 もう一つはPhotoshopなどの画像リタッチの腕がプロ級なこと。 この上のポートレイトも道ばたの浅い水たまりであろうところに全身を沈めているかのようだが、おそらく合成であろう。  そしてもう一つは発想の豊かさ。尽きないアイデアである。ただし、これは想像となるが、インターネットを活用したありとあらゆる世界中の写真家からのアイデア拝借が彼の豊かな思いつきのもととなっていると推察する。 だからこそ彼はその成果も気軽にネットに公開する。 そのソースが一つではないことと、セルフポートレイトという「本人」しか出来ないことを混ぜることで独特のオリジナリティーを維持しているのではないだろうか?

0 コメント

PACell 創作ひろば PACell Creative Commons

小さなスクールPACellに来ている方々も、そうでない方々もちょっとしたちょっとした工夫で写真と遊べるように、ここのセッションで試した写真の遊びのやり方を時々載せていくことにしました。

PACellに参加されていない方も気軽に書き込みや質問をしていただいてかまいません。答えられる範囲でお答えしたり、参加者と意見交換していただく場にできればと思っています。

● 分身の術について

珍しくすべてのクラスでやってみた分身ごっこ。Photoshopマジックといえばそれまでですが、写真を撮る教室なので合成技術があるでもないしとりあえずめんどくさいのは苦手。人物のパス抜きなんてとんでもない(笑) 撮影の工夫で合成を楽にしようという訳です。

さて、一番シンプルな2枚合成の写真を例に説明してみましょう。

三脚は必要です。カメラを固定します。それからカメラの露出(明るさのコントロール)、ピント、ホワイトバランス等ほとんどのオートを切ってマニュアルモードに切り替えます。  これのやり方はカメラによって違うのでそれぞれのカメラによって操作を確認します。(自分のカメラを知る部分です)


そうして何回撮っても明るさやピントがカメラの設定上は固定された状態で、モデルさんに場所を移動してもらって複数回撮影します。(位置関係を意識して、重ならない位置にきてもらいます) 天候が変化しないことも必要です。(カメラの設定を固定しても晴れたり曇ったりだと明るさがズレてしまうので)

Photoshopじゃなくても単純な切り貼りができるていどの画像処理ソフトがあればよいです。 上の写真のように人物がいるエリアをざっくり四角くコピーします。

あとはもう一方の写真の上にそのままペーストで貼付けて、位置を右はしにもっていけばできあがり。 もともと明るさもピントも色も一貫しているのでごまかしの処理もいりません。 数を増やすのにはただ繰り返し撮って切り貼りを繰り返していくだけです 人物の切り抜きなんかムリ!と思っている方に向いた簡単合成です。    ハードルは三脚を使うところとマニュアルに切り替えて固定するところですねー。

出来上がり!

● small planets スモール・プラネット(小さな惑星)について

small planets (小さな惑星)という遊びは簡単なPhotoshopのフィルターを使った遊びで、少し流行っているようです。 flickr などのサイトやgoogleの画像検索などで small planetsで検索するといろいろ出てきます。

まずは空を多めにいれてパノラマな感じで風景を撮ります。 地平線の水平がとれていることがポイントです。これが斜めになっているとあとで直さないといけないのでメンドクサイ。 かならず正しいパノラマでなくても地平の高さがそろっているものを2枚とか3枚とかくっつけてもできます。 コンデジやスマホなどでパノラマ写真の機能がついているならそれを使っちゃえばいいです。

コレをまず画像をphotoshopで「イメージ」の項目から画像回転を選び180度回転して上下をひっくり返します。 その後Photoshopの項目の「フィルター」から「変形 → 極座標」という項目を選びクリックすると

こんな風になります。 これでは横につぶれ過ぎなのでphotoshopの「イメージ」の項目から画像解像度を選び 縦横の比率を固定のチェックをはずしてから縦横のサイズを同じにします。すると

とりあえずは できあがり。 このあと空に浮かんじゃった葉っぱを消したり、画面の左上4分の1くらいを空の色を拾ってグラデーションで塗って暗いの優先でレイヤーを合成するとかややこしい加工はありますが、この辺はすっとばしてとりあえずなんとなく星の王子様的な惑星を作ってみたい方はこれでザクッと完成でも十分楽しめます。 ポイントは空が広がって雲が少ない事。画面の端に雲があるとつなぎにくいのです。 なので夜の方がやりやすいかも。  

コメント: 3
  • #3

    BABA (金曜日, 01 2月 2013)

    なるほど~!
    見慣れた風景をステキにする方法ですね。

  • #2

    Ko Yamada (木曜日, 31 1月 2013 15:50)

    今後時々こういう写真に関する(写真に関しないかも?)途中のプロセスにふれていこうかなと思います。クラスをとらなくても参加できるページ。

  • #1

    くわやま (木曜日, 31 1月 2013 14:04)

    なんて素敵なページですか!!ワイハーでやります!楽しみだぁ〜☆